60歳に到達するとき(定年前退職の方)
ホーム > 退職後の手続き > 60歳に到達するとき(定年前退職の方)

既に退職されて、年金の支給開始をお待ちの方(待期者)が年金(一時金)を請求するための手続きは以下のステップで進みます。

必要書類を、誕生日の1〜2ヶ月前に基金からご自宅に郵送します。

必要書類:「老齢給付金に関する申出書」「裁定請求書」
※2004年7月の制度改正前に退職された場合は、必要書類が一部異なります。
※確実にお送りするために、住所が変わった場合は必ず基金まで届出てください。
※住所変更については住所が変わったときをご覧ください。
必要事項を記入し、富士ゼロックス(株) 人事部社会保険年金チームあてに郵送でご提出ください。
生年月日証明書類として、戸籍抄本、住民票のどちらかを添付してください。
※誕生日の前日以降に発行された戸籍抄本・住民票(原本かつマイナンバーの記載がないもの)
処理が完了しましたら、初回の支払日までに「年金受給のご案内」をお送りします。
年金の詳細についてはこの書面で確認してください。確認後は、大切に保管してください。

企業年金基金の年金は、ご本人からのご請求に基づいて裁定されるものですので、必ず手続きをお願いします。書類が届かない場合は基金までご連絡ください。


お問い合わせは

富士ゼロックス株式会社 人事部 社会保険年金チーム
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3 ミッドタウン・ウエスト
Tel. 03-6271-5135
Fax. 03-6271-5143