企業年金Q&A
ホーム > 企業年金Q&A
基金について
Q1.
基金にはどんな人が加入するのですか?

一時金について
Q1.
振込を2つの口座に分けることは可能ですか? 
Q2.
「一時金」で選択した部分は、いつ振り込まれますか?  
Q3.
振込のお知らせ(通知)はありますか?
Q4.
退職時に繰下げを選択しましたが、60歳前に一時金で受取れますか?

年金について
Q1.
年金の保証期間とはなんですか?  
Q2.
年金はいつまで受取ることができますか?
Q3.
現在受取っている年金額はずっと変わらないのですか?
Q4.
振り込まれる年金が変わってしまいました。なぜですか?
Q5.
年金の一時金清算はできますか?
Q6.
年金と一時金では受け取り額に違いはありますか?
Q7.
年金の受け取り開始年齢の違いにより、受け取り額に違いはありますか?
Q8.
年金・一時金の試算はできますか?
Q9.
企業年金基金が解散するのはどのような時ですか?

「保留」「移換」について
Q1.
「保留」とは?
Q2.
連合会への移換を選択しましたが、年金開始前に一時金で受取ることは可能ですか?

税金について
Q1.
退職時に受取った一時金は、確定申告が必要ですか?
Q2.
退職時の一時金控除額はどのように計算するのですか?
Q3.
年金は確定申告が必要ですか?
Q4.
基金の年金はどの様に税金が徴収されますか?
Q5.
年金の源泉徴収票とはなんですか?
Q6.
年金の源泉徴収票は、いつ頃届きますか?

退職後の手続きついて
Q1.
もうすぐ60歳になるのですが、どんな手続きが必要ですか?
Q2.
年金の受取口座を変更したいのですが?
Q3.
引越しました、基金への届出は必要ですか?

受給者(待期者)が亡くなったとき
Q1.
受給中または受給前に亡くなられた場合はどうなりますか?
Q2.
どの様な手続きが必要ですか?

国の年金について
Q1.
配偶者の年金手帳はどこにあるのですか?
Q2.
基金の年金をもらうと、国からの年金は減額されてしまうのですか?
Q3.
国の年金についての問い合わせ先はどこになりますか?

パスワードについて
Q1.
パスワードが分かりません。どのように確認すればいいですか?


基金について
Q1.
基金にはどんな人が加入するのですか?
A1.
基金加入会社(実施事業所)に在籍する60歳未満の正社員が対象となります。
加入期間は入社から退職(または定年)までとなっています。

[ 関連ページ ]
FX企業年金基金の給付制度

一時金について
Q1.
振込を2つの口座に分けることは可能ですか? 
A1.
振込先は、1つの口座しか登録できません。
「一時金」と「年金」の振込先を変えたい場合には、一時金振込が完了後、口座変更の届を提出いただくことにより、別にすることが可能です。
Q2.
「一時金」で選択した部分は、いつ振り込まれますか?
A2.
基本的にご退職から1ヶ月「程度」で振込まれます。ただし、月末日~翌月半ばまでのご退職の方につきましては1~1ヶ月半程かかるとみておいてください。
Q3.
振込のお知らせ(通知)はありますか?
A3.
支払日同日に振込元の銀行より「一時金給付のお知らせ」(退職所得の源泉徴収票等含む)の封書がご自宅あて郵送されます。
支払日に送付の為、お手元に届く頃には入金が完了しています。
Q4.
退職時に繰下げを選択しましたが、60歳前に一時金で受取れますか?
A4.
可能です。ただし、繰り下げ分全額の一時金清算となります。(一部のみの受取りは不可)
希望される場合は、企業年金基金へご連絡ください。必要な書類をお送り致します。
金額は、お申出時点までの利息を付けた額で清算いたします。
この一時金は「退職所得」の扱いとなり、退職時に他の退職所得があった場合、改めて税額の計算をいたします。

[ 関連ページ ]
繰下げ中に一時金清算するとき

年金について
Q1.
年金の保証期間とはなんですか?
A1.
保証期間とは、受け取りを約束された期間のことです。
年金受給中で保証期間内に受給者が亡くなられた場合には、ご遺族に遺族一時金が支払われます。ただし、当基金の年金は、保証期間付終身年金ですので、保証期間を過ぎてもご存命であれば年金は受けられます。
保証期間を過ぎて受給者が亡くなられた場合は、亡くなられた月度の年金までが支払われて終了になります。(遺族一時金はありません)

[ 関連ページ ]
保証期間付終身年金と確定年金について
Q2.
年金はいつまで受取ることができますか?
A2.
終身年金であればご存命の限り受けられます。
確定年金は、60歳時点でご選択された期間に限り受けられます。
受取期間に関しましては、「年金受給のご案内」に明記されています。
Q3.
現在受取っている年金額はずっと変わらないのですか?
A3.
当基金では、給付利率が下限2.7%から上限8.0%の変動金利になっております。
毎年4月1日付で見直しがされ、給付利率が変動した場合は、給付額も変わります。
Q4.
振り込まれる年金が変わってしまいました。なぜですか?
A4.
確定年金の支給期間が終了したためと考えられます。
Q5.
年金の一時金清算はできますか?
A5.
できます。詳しくは以下のページにてご確認ください。

受給中の年金の一時金精算を希望するとき
Q6.
年金と一時金では受け取り額に違いはありますか?
A6.
終身年金と一時金を比較した場合、60歳の方の平均的な余命期間(男性で22.7歳)まで存命するとした場合、給付の総額は年金の方が多くなります。
Q7.
年金の受け取り開始年齢の違いにより、受け取り額に違いはありますか?
A7.
第3年金(FXの年金制度)では受け取りの開始を60歳~65歳の間で選択できます。
受け取り額は受け取り時期が後ろになるほど多くなります。
但し、60歳の方の平均的な余命期間(男性で22.7歳)まで存命するとして比較した場合、その期間の受給総額はほぼ同額です。
Q8.
年金・一時金の試算はできますか?
Q9.
企業年金基金が解散するのはどのような時ですか?
A9.
企業年金制度は制度を実施する企業が経営不振に陥り、制度を維持出来ないような場合には解散する可能性があります。
解散時にはその時点の資産を受給権者、加入者の権利分に応じて一時金で分配して終了となります。

「保留」「移換」について
Q1.
「保留」とは?
A1.
「保留」とは、退職時に他の制度に移換するかを検討するため、一時金で受取らないでおくことです。
最長は退職から1年です。この期間を経過しますと、連合会などへの移換はできなくなり、一時金で受取っていただくことになります。
必ず、1年以内にご本人から基金宛てに申し出いただく必要があります。
保留後の一時金の計算は退職日に遡って行うため、利息は付きません。

[ 関連ページ ]
ポータビリティ
Q2.
連合会への移換を選択しましたが、年金開始前に一時金で受取ることは可能ですか?
A2.
移換が完了しますと、年金受給開始年齢(原則65歳)まで一時金で受取ることができません。(病気・災害・死亡等の事由は可能)

Q1.
退職時に受取った一時金は、確定申告が必要ですか?
A1.
退職時の一時金は、退職所得になり、分離課税です。
支給時に課税されて終了いたしますので確定申告は不要です。
勤続年数により控除があります。
Q2.
退職時の一時金控除額はどのように計算するのですか?
A2.
控除額は勤続年数により、以下の式で計算します。

勤続年金(=A) 退職所得控除額
20年以下 40万円×A(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超 800万円+70万円×(A-20年)

Q3.
年金は確定申告が必要ですか?
A3.
確定申告が必要です。
国から受ける老齢年金・当基金から受ける年金共に所得税法上「雑所得」として扱われ、課税の対象となります。
Q4.
基金の年金はどの様に税金が徴収されますか?
A4.
基金からお支払いする年金は、支給時に一律7.5%源泉徴収されます。
ただし、平成25年1月から平成45年12月までの25年間、この所得税の2.1%相当が復興特別所得税として追加徴収されることになりました。
平成25年2月1日の支給分より一律7.6575%を源泉徴収し、差引支給額をお振込します。
なお、毎年確定申告をすることで、税金の過不足が調整されます。
Q5.
年金の源泉徴収票とはなんですか?
A5.
前年度中にお支払いした年金額と源泉徴収によって既に納付された所得税額を証明するもので、確定申告の際に必要です。
Q6.
年金の源泉徴収票は、いつ頃届きますか?
A6.
毎年1月末日までに三井住友信託銀行から基金の登録住所宛に発送されます。
(当年12月末までに支払われたものが対象ですので、12月中には発送できません。)

退職後の手続きついて
Q1.
もうすぐ60歳になるのですが、どんな手続きが必要ですか?
A1.
60歳の誕生日の前月初めに基金から「裁定請求書」等の必要書類を登録住所宛てに郵送します。
年齢到達の書類が届きましたら必要事項を記入し、生年月日証明書類を添えて基金宛ご提出ください。
お誕生日が過ぎても書類が届かない場合は、登録住所が正しくない可能性がありますので、基金までご連絡ください。

[ 関連ページ ]
60歳に到達するとき(定年前退職の方)
Q2.
年金の受取口座を変更したいのですが?
A2.
年金の受取口座を変更したいときは、基金に所定の書類を提出していただく必要があります。
また、金融機関の統廃合によって口座番号が変わった場合も同様です。

[ 関連ページ ]
年金の受取口座を変更したいとき
Q3.
引越しました、基金への届出は必要ですか?
A3.
既に退職された待期者または受給者の方が住所・氏名を変更されたときは、基金に所定の書類を提出していただく必要があります。
提出がない場合は、基金からのお知らせが届かなくなる、もしくは年金のお支払いを適切にできなくなる可能性がございますのでご注意ください。
加入者の方は、勤務する会社に届出ください。

[ 関連ページ ]
住所が変わったとき
氏名が変わったとき

受給者(待期者)が亡くなったとき
Q1.
受給中または受給前に亡くなられた場合はどうなりますか?
A1.
受給中であれば保証期間に応じた一時金がご遺族に給付されます。
受給前であれば退職時の一時金に亡くなられた月までの繰下げ利息を付与して、ご遺族に給付されます。

[ 関連ページ ]
亡くなったとき(ご遺族の手続き)
Q2.
どの様な手続きが必要ですか?
A2.
年金受給者・待期者の方が亡くなられた場合には、すみやかに基金までご連絡ください。必要書類をお送りします。

国の年金について
Q1.
配偶者の年金手帳はどこにあるのですか?
A1.
配偶者の年金手帳は、会社ではお預かりしていません。
Q2.
基金の年金をもらうと、国からの年金は減額されてしまうのですか?
A2.
富士ゼロックス企業年金基金の年金は、会社が掛金を拠出したものを原資とした企業年金独自のものです。
基金からの年金を受給したことで国の年金が減額されることはありません。
Q3.
国の年金についての問い合わせ先はどこになりますか?
A3.
国の年金については「日本年金機構」(http://www.nenkin.go.jp/)までお問い合わせください。
電話で問い合わせる場合は、日本年金機構のコールセンター「ねんきんダイヤル」(0570-05-1165)までおかけください。

パスワードについて
Q1.
パスワードが分かりません。どのように確認すればいいですか?
A1.
基金宛てにご連絡ください。本人確認後、お伝えします。